フリーランスになったきっかけとお仕事の探し方について


Webサイト制作歴6年以上のWebデザイナーです。
フリーランスへは何の憧れもなく、むしろ「自分には無理」と一歩引いていました。営業に書類作りにと制作以外にも時間を割かなければならず、フリーランスの方々のお話を聞くと悩みが尽きず、自分には山が高すぎると感じていました。

きっかけ

社会人をずっと過ごしていた東京を離れ、実家のある福岡に帰ることが決まったこと。
Webの仕事をしながら個人で勉強会を主催しており、せっかく何年も続けてきたことを止めたくなかったため、場所を選ばず東京と福岡を行き来できるフリーランスという働きを選びました。

スキルに不安はなかったか

とても不安でした。不安だからこそ、自分には無理だと思っていたところもあります。
しかし、昔勤めていた会社が「Webサイト制作が未経験に近い」人が半分以上の中、Webサイト制作運営などを行っており、知識がなくても何とかしている人たちがいることを目の当たりにし、何とかなるさという自信をもらい、フリーランスへのハードルが下がりました。

営業はどうしたか

東京での社会人時代、どうにかスキルを身につけたくてセミナーや勉強会に積極的に参加し、ときにはスタッフや勉強会を開くなど、かなりアクティブに行動していたことが後から営業につながりました。
つながりを見返すと経営者との出会いが比較的多かったようです。当時はあまり意識していませんでした。
私のお仕事は、経営者からや会社勤めのディレクターから直接ご依頼いただいたり、大規模サイト制作のチームに入れていただいたり、人ヅテにご紹介いただいたりがほとんどです。
ほんの数件だけ、個人事業サイト経由でご依頼いただくことがありました。
ブログやSNSで仕事を手伝ってくれる人を探していて、自分から「ぜひ手伝わせてください」とお願いした方もほんの少しだけありました。
仕事がたくさん舞い込んでくる人は手伝ってくれる人をよく探しています。

1人で仕事をして寂しくないのか

前にも記述していますが、複数人のチームに入れていただきチャットなどでやりとりしながら進める仕事もありました。それ以外だと、会社勤めの頃からクリエイティブチームに入りその中でディレクター・デザイナー・エンジニアに分かれて案件に着手することがあり、フリーランスになっても1回だけだけどお仕事をいただきました。
作業環境は、私は仕事中に話しかけられることが苦手なためリモートワークで参加していることは非常にやりやすく感じています。

どこから仕事を貰っているのか

フリーランスなりたての頃、仕事の取り方が定まっておらずどうすればいいのか模索続きだったため、仕事のルートをいくつか作りたくて、登録してみました。

  • ・クラウドワークス
  • ・ランサーズ
  • ・ヘノブファクトリー
  • ・レバテック
  • ・商工会議所(広告配信など)

丁寧に対応する制作者でありたいと考えています。
ただ、私が一方的に丁寧に行おうとしても、質問などにお客様がきちんと答えていただけないと丁寧にできません。
また、そういった適当な方は制作者自身へも「多くの駒の1つ」のような雑な扱いをする人が多かったです。
これらのことから、クラウドソーシングで制作することはやめました。

最近は業務委託でお仕事を頂く機会が増えてきました。
個人やフリーランス仲間からお仕事を依頼されるだけではなく、会社と契約をしお仕事をいただいています。

「この人と一緒に仕事をしたい」

そう感じた人と積極的に関わっています。

これからフリーランスになろうと思っている方へ

フリーランスで働くと言っても、人それぞれ働き方はさまざまです。
稼ぐためにがむしゃらに働いている人もいれば、自分の時間を作るために労働時間をあえて抑えている人もいます。
会社さんに週○日だけ常駐する人もいれば、完全にリモートワークで働く人もいます。
webの仕事が軌道に乗るまで、まったくジャンルの違うアルバイトをしながら生計を立てている人もいます。
人間関係のストレスを減らすため、自分が認めた人としか取引しない人もいます。

さまざまな価値観の中で、アドバイスもさまざまになります。
アドバイスをしている人の中には考え方を決めつけてくる人もいるので、本当に自分に合ったアドバイスなのか見極める必要があります。
これはフリーランスに限らずどのアドバイスに対しても同じことが言えますよね。

いろいろな問題にぶつかり咄嗟に冷静な判断が出来ず、違う道を突っ走ってしまうこともあるかもしれませんが「自分は何をやりたいのか。何をやらないのか」を明確に文章化しておくと忙しさに流されても軸がぶれづらくなると思います。

とは言え、最初から自分のビジョンがはっきりしている人は少ないかもしれません。
そんな方は、少しずつ仕事を受け、取引先を増やし、自分の進みたい道、進みやすい道を見つけてください(^^)